ワールドに使用できるレイヤー

Unityでワールドを作成する際のレイヤー設定について説明します。

ワールドのGameObjectに設定できるUser Layer

Unityの標準のレイヤーの他に、以下のレイヤーをワールドのGameObjectに使用できます。

User LayerName説明
19VenueLayer0ワールドに自由に使用できるレイヤーです。
20VenueLayer1ワールドに自由に使用できるレイヤーです。
21PostProcessingPost Processing Volume に設定するレイヤーです。
22PerformerOnlyPerformerOnlyレイヤーのコライダーは、パフォーマー(スタッフ、ゲスト)のみ通過できます。一般参加者は通過できません。 イベント以外での使用時は誰も通過できません。
29VenueLayer2ワールドに自由に使用できるレイヤーです。

clusterが使用するUser Layer

clusterは以下のレイヤーを使用します。ワールドにCameraを配置する際はCulling Maskの設定に注意してください。

User LayerName説明
9FIRSTPERSON_ONLY_LAYERユーザー自身の一人称視点の時のアバターが描画されるレイヤーです。一部が非表示のアバターが設定されているため、カメラには映さないようにすることを推奨します。
10THIRDPERSON_ONLY_LAYERユーザー自身の三人称視点の時のアバターが描画されるレイヤーです。自身のアバターをカメラに映す場合は、このレイヤーと16番のOwnAvatarレイヤーが映るように設定してください。
11RidingItemプレイヤーが乗っているRidable Itemに設定されるレイヤーです。
14InteractableItemGrabbable ItemやInteract Item Triggerを付けたItemに自動で設定されるレイヤーです。
15OtherAvatar他のユーザーのアバターのコライダーが設定されるレイヤーです。
16OwnAvatarユーザー自身のアバターのコライダーやアバターの一部が設定されるレイヤーです。自身のアバターをカメラに映す場合は、このレイヤーと10番のTHIRDPERSON_ONLY_LAYERレイヤーが映るように設定してください。
18GrabbingItemプレイヤーが掴んでいるGrabbable Itemに設定されるレイヤーです。
23Performerイベントのゲストやスタッフである時のユーザーのアバターの描画、移動判定に使われるレイヤーです。
24Audienceイベントの一般参加者の時やワールドにいる時のユーザーのアバターの描画、移動判定に使われるレイヤーです。