実行が許可されていない操作を実行したときに発生する例外です。 すべてのAPIはこの例外を投げる可能性があります。

操作の実行が許可されるかどうかは、ベータ許可状態、距離、空間内の負荷、 ユーザーのステータスなど様々な要素によって動的に変化します。

許可されていない操作の種類に応じてフィールドのboolean値がtrueになります。

複数の許可が足りていない場合には 複数のフィールドが同時にtrueになることがあります。

Hierarchy

  • Error
    • ClusterScriptError

Properties

distanceLimitExceeded: boolean

距離制限により実行が許可されていない場合、trueとなります。

executionNotAllowed: boolean

実行が許可されていない場合、trueとなります。

betaの仕様が許可されていない環境でベータのAPIを呼び出した場合などに発生します。

message: string

エラーメッセージです。

name: string
rateLimitExceeded: boolean

レート制限により実行が許可されていない場合、trueとなります。

requestSizeLimitExceeded: boolean

リクエストサイズ制限により実行が許可されていない場合、trueとなります。

stack?: string

Generated using TypeDoc